コンビニでのクレジット手数料とカード決済の使い易さについて

近年では、クレジットカードを使う局面が広がりを見せており、コンビニの買い物でもカード払いができるようになりました。
コンビニでよく買い物をする人であれば、支払いをクレジットカードにすれば、利便さに驚くかも知れません。
クレジットカード決済でコンビニで商品を購入しても、カード精算時に手数料が上乗せされることはほぼありません。
大抵の場合、コンビニで買うものは少額決済が中心です。そのため、翌月一回払いでクレジットカードを使う人がほとんどになります。
多くのクレジット会社では、1回払いにおいて利息は請求されないので、利用者への決済時の手数料は発生しない仕組みとなる訳です。
コンビニで販売されている商品の価格は、コンビニがクレジットカード会社に支払っている手数料が加算されてはいません。
現金で品物を買う場合と、クレジットカードで品物を買う場合で、コンビニの場合は差がつきませんので、支払金額は同じになります。
現金払いでは無く、クレジットカード決済を選んだ場合には、ポイント還元等の特典が僅かづつながらもあるので、メリットがあります。
現金払いと、クレジットカード払いの差がないなら、ポイントがつくクレジットカードを使いたくなるものです。
コンビニにとっても、クレジットカードで買い物をしてもらえばレジの時間が短く済みますので、歓迎する傾向があります。
支払いが簡単に出来て、ポイントの特典が得られるクレジットカードの決済を選ばない手はありません。
少額の決済であっても、クレジットカードを使うことで、コンビニ等でもクレジットカードの利点が活かせます。

トンデケアは楽天で購入するのがお得?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です